« ECUTEのワッフルワッフル | トップページ | 民法5の第2課題と、民法5の第3課題 »

民法5第3課題の結果

夏スクから戻ってきました。福岡も地震が昨日、今日と立て続けに起こって、怖いです(^-^;

夏スクの話でも書こうかと思っていたら、民法5の結果が、EとMyはくもんに出ていました。胃が痛いよ(ノ_≦。)

なので、夏スクの疲れを癒している場合ではない、今週中に、民法5の課題を何本か書き上げたいです。と思って、教科書を読んでいましたら、最終試験で出た内容部分に目がとまる。

全く書けていなかった・・・。今回、知財も民5もヤバイ。これまた胃が痛い。とほほ。。。


にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ

« ECUTEのワッフルワッフル | トップページ | 民法5の第2課題と、民法5の第3課題 »

□民法」カテゴリの記事

コメント

夏期スクーリングお疲れさまでした。

レポート、締めきり前に返ってきてよかったですね。
#夏期スクーリングの成果を発揮できるじゃないですか!

現実世界(お仕事)に無事戻れましたか?
溜まったお仕事、頑張ってくださいね。#そちらが本業ですので。

Rhino and Cowさんへ
どうもフォローありがとうございます。
人生、一生勉強ですねっw
わたくし、夏スクの火曜か水曜あたりになると、やめたくなるんですよ、大学を。そんなことないですか?まだまだ、暑いですが、夏スク頑張ってください。

仕事は、たまっていたんですが、上司が、私の仕事をしてくれて、それがいろいろ間違いがあって、それを片付ける仕事がありました。とほほ。

その件については、学説において論争がある。
主な説として、
 ・効果不安説:勉強を続けていて、本当に効果があるのだろうか?と不安を感じるために沸き上がってくるという説
 ・疲労説:非日常の行動に疲れを感じ、意味が有るのか?と自問するため沸き上がってくるという説
 ・逃避説:疲労説の発展で、休みたいと強く感じるために沸き上がるという説
 ・孤独逃避説:夏期スクーリング中、人と話す機会が極端に減り、孤独感を強く感じるため沸き上がってくるという説

私見は効果不安説である。因果関係として、疲労説、孤独逃避説と判断する。しかし、今の勉強が糧になり、今後の人生に有益であると判断する。また、自身が選択し、入学を決意したのであり、合わなければとうの昔にリタイヤしているため、単なる逃避という考えるのが妥当であろう。


う~~ん。変な文章。推敲不足ですね。 Eだな、これは。

Rhino and Cowさんの私見は、効果不安説ですか。私は、周囲の人たちにかなり迷惑をかけているので、お金もかかるし、いっそのことやめてしまいたい衝動にかられます。


通教は、自分からすすんでやるもんだから、その分、自分がやらないとどうしようもないんですが、自由にできる分、すぐに諦めてしまう傾向があります。


ただ、効果不安説にあるような、本当に効果あるの?という不安感はありません。効果は絶対にあると信じていますよ。


だれかが、「20代~30代は、愛する人のために頑張ると簡単には諦めない」と言っていましたが、まさに、このとおりにやっていると、愛する人のために、諦めようかと感じることがあるのです。

ちゃすけさんは環境説でしたか。

周囲の人は本当に迷惑がっているのですか?
私の周りの人は応援してくれていると思っています。
本当に迷惑であれば、面と向かって言われると思うし。
まぁ、できるだけ迷惑にならないよう、仕事を片付け、必要な説明をし・・・ と準備をする訳ですが。

お金の面は、ある程度は仕方がなく、入学前にどれだけ準備したか・・という事にも関係すると思います。
ただ、地方からスクーリングのために泊まり込みで・・・ というのはやはりお金がかかるので、こればかりはなんとも。

でも、通学生の親は、「子供のために」とお金を工面するのであって、それが迷惑だとは思っていないでしょう。
例えば趣味でもお金がかかります。必要な範囲であれば生活に支障は出ず、むしろ糧になると思います。

そうそう・・・。あるインストラクターは、「勉強は、お金がかかる趣味(表現が正しくないかも知れません)で、最高の贅沢と思う。それを許してくれた親に感謝している」とおっしゃっていました。
さすがにその域までは達することができませんが、自分への投資として、ある程度は必要なのだと思います。
また、お金をかけないと身に付かないという経済界の方の意見も聴いたことがあります。これも妙に納得しました。

愛する人のため・・というくだりは、老人と老婆・・・だったかな?という話を思い出しました。

老人は、老婆の長い髪のために、時計を売って櫛を買い、老婆は老人の為に髪を売って時計の鎖を買うという物語です。

周囲にある程度の負担をかけているのは事実なので、許容できないかどうかをちゃんと確認してみては如何でしょう?
案外、自分が思っている程負担ではないかも知れませんよ。

#私は脳天気であまり周囲を気にしないので、おもいっきり迷惑をかけているかもしれません。f(^_^;)

Rhino and Cowさんへ


コメントを読んでいて、宇多田ヒカルの「This Is Love」にある『痛めつけなくても この身はいつか滅びるものだから 甘えてなんぼ』という歌詞を思い出しました。


「老婆は老人の為に髪を売って時計の鎖を買う」のがいつになることやら、途方にくれます。


やれやれ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1111571/30997865

この記事へのトラックバック一覧です: 民法5第3課題の結果:

« ECUTEのワッフルワッフル | トップページ | 民法5の第2課題と、民法5の第3課題 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ