« TOEIC受けてきました | トップページ | サブウェイ九州大学病院店へ »

辞書とノートを片手に、Dr.House

Dr.Houseにどっぷり浸かっています。どれくらいかというと、分からない英単語が出てくるとノートにとって、調べて、もう1回リピートして発音確認するくらいに。あとは、スクリプトを入手したり。英語嫌いな私にとって、苦痛なく英語に向き合える唯一のツールと化しています。

ERを高校生あたりからずっと見てて、医療ドラマもおなかいっぱい、グレイズアナトミーの恋愛ドロドロは結構ですと思っていたところ、これいいよとすすめられて見たDr.House。最初は、医療ドラマはERを超えないっと思っていたから、第一話を見て、ぶっ飛びました。なんじゃこりゃと。

職場でDr.Houseが好きだと言ったら、どこが面白いの?と言われるほど、見る人にとっては賛否両論があるようだけど、私としては、「ディスカバリーチャンネルを見ている感覚」、「ソクラテスメソッドは法学の勉強を彷彿とさせる(医学、法学問わず、学問はすべて一緒?)」、「医学用語の連発で、視聴者が置いてけぼりにされる感じが新しい」と言った感想で、とても楽しく見ています。

確かに、ハウス先生が好きだって言えば、その一言につきるけど。

主人公ハウス先生を演じるhugh laurieの目に「撃たれた」って言えば、そうですけどw

どちらかというと、ハウスとウィルソンの(ホームズとワトソンのような)関係性が好き☆って書くと、腐女子とか言われるんだろうなw

Dr. HOUSE/ドクター・ハウス シーズン3 DVD-BOX1
Dr. HOUSE/ドクター・ハウス シーズン3 DVD-BOX1

今、私はシーズン4まで見終わって、シーズン5の英語字幕でがっつり見ています。友達が訳してくれるんだけど、ことごとく見誤っています。本国アメリカでは、シーズン6をやってます。日本のFOXチャンネルじゃ、私の(hughに対する)想いに追いつかない。

はあ、勉強しなくっちゃw


にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ


にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ

« TOEIC受けてきました | トップページ | サブウェイ九州大学病院店へ »

○Dr. HOUSE」カテゴリの記事

コメント

The strongest enemy is in my deep inside, the sublime God also in my deep inside, maybe.

鈴木慶一氏の詩を眺めていたら、これって、houseのエピソードにあるじゃんとか書いたらネタバレですかね。

・・・まさしく、私の中に最強の敵が、今、います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1111571/32511603

この記事へのトラックバック一覧です: 辞書とノートを片手に、Dr.House:

« TOEIC受けてきました | トップページ | サブウェイ九州大学病院店へ »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ