« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

テンミニッツ・手帳ツールタイプをこう使ってみる

ほぼ日手帳のお供に最適な、テンミニッツ・手帳ツールタイプですが、今日は、こんなふうに使ってみるといいかもというご提案です。

テンミニッツ・手帳ツールタイプ
テンミニッツ・手帳ツールタイプ

まずは、業務が終わった後、ふせんを捨てていくわけですが、また使う(また同じ仕事をする)場合はふせんを捨てないで、大きめなふせん(わたしは、このふせんを「プレート」と名付けました)に貼り付けていって、それを手帳に貼っておくことです。

その業務を行う一週間前くらいあたりの欄に貼っておくとよいです。

プレートは、要素ごとにまとめておくと、動かすのに便利。

100831_225401

こんなふうに使います。

このプレートの題名は、「年末買うものプレート」で、ふせんには「切手を40枚買う」とか「カレンダーを注文する」とか書いてあります。

実行段階になって(一週間前くらい)、テンミニッツの方に移し替えて、ふせんの業務をこなしたら、プレートに戻して、プレートは来年の手帳にぺちっと貼っておきます。毎年、同じことをするというときに便利だと思います。

■テンミニッツのサイトはこちら→今日のお仕事整理帳テンミニッツ

■テンミニッツをアマゾン(送料無料)で購入



にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ


にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ

テンミニッツ・手帳ツールタイプを使ってみた

憂うつな月曜日。少しでもコンパクトに、ノー残業で仕事したい!

そんな思いで、ほぼ日手帳の分身的存在になればいいなと購入した「テンミニッツ・手帳ツールタイプ」です。これを使って今日さっそくスケジュール管理をしてみました。

こんなのです。

100829_1900010001_1

来年のほぼ日手帳を買おうとしたら、紹介されていたので、購入しました(前回のエントリを参照してください)。

これですね、なかなかいいですよ。

昨年から、仕事に関して、「①できるだけその詳細、②した仕事の時間」を記録しておいたほうが良いとアドバイスされたことをきっかけとして、ほぼ日手帳の「週間手帳」に仕事のミニ業務日誌をつけてきたんですが、これで、少なくとも今まで自分がやったことのある仕事についてはある程度、どれくらい時間がかかるかを把握することができるようになりました。

だから、「ああ、この仕事は、これくらい時間がかかる」というのが分かるので、「テンミニッツ・手帳ツールタイプ」のふせんを利用するときなど、この仕事は30分ふせんに書こうとか、すんなり分かるので、悩まず使い始めることができました。

テンミニッツ・手帳ツールタイプ
テンミニッツ・手帳ツールタイプ

あと、私の仕事って年間を通してもルーティンワークが多いのですが、1日に関してもルーティンが多いんだなって、今日、気づきましたwこのツールのおかげで知ることができました。

なぜかというと、今日書いたふせんの内容が、次の日も、同じ時間帯に、必要だから・・・ヽ(´▽`)/

おためしあれ。



にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ


にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ

たまご主任シリーズ 第2話

今日は、第2話【たまご主任、イチゴで儲ける!】をお送りします。

続きを読む "たまご主任シリーズ 第2話" »

ほぼ日手帳オリジナルかカズンか

連日、来年のほぼ日手帳をどうするかでわくわく悩んでいるんでいます。

山田 浩子,ほぼ日刊イトイ新聞
幻冬舎
発売日:2005-11

まずは、寝る前にこれを読んでテンションをあげていますw

しかし、ほぼ日手帳のサイトをチェックすると、今回もカズンに日曜はじまり版がないみたいですね。また、来年もオリジナルサイズにしようかと思います。

ほぼ日ほぼ日いってるわりには、そんなに1日1ページの欄にあんまり記入しないんですよヽ(´▽`)/なので、カズンはやっぱりもったいないw

私にとっては手帳は、カレンダー部分が重要となります。あと、週間手帳も必需品。なので、ほぼ日ストアで日曜はじまり版を購入しようかなーと思います。カバーは、ツートンドット。上司の前でもOKそうな柄で、ブラック以外はこれしかないと思って・・・。

そうそう。毎回使いたいと思うような文房具が売ってある「すぎえ文具」

みてみると、テンミニッツ・手帳ツールタイプがかなり気になりました。ふせんで1日のスケジュール管理をするらしいのです。こういうの欲しかった~と思ったので、もうアマゾンで買いましたw

あと、手帳にふせんをはさんでいると、ふせんが折れ曲がったりしませんか?だから、来年からは、フィルムふせんにしようかと思います。「すぎえ文具」で紹介されていたフィルムふせんがこれ。

スウェーデン製ということで、気に入りました。

発売日がたのしみです☆


にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ

たまご主任シリーズ 第1話

モノの値段について、たまご主任と学ぶシリーズ全四回。

第1話【たまご主任、入荷に失敗する!】をお送りします。

続きを読む "たまご主任シリーズ 第1話 " »

たまご主任

今日は、たまご主任という例をつかって、株安の現象を勉強しました。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ

三苫駅前にて大火事

100824_0304010001

わたしはびっくり。

100824_0304020001_2

火の元には十分注意しないといけないなと思いました。

いよいよカバーラインナップ公開!ほぼ日手帳

さあ、来年のほぼ日手帳、2011のカバーラインナップがいよいよ公開されました。

もう、来年の手帳の話と思われるでしょうが、ほぼ日手帳ファンは、9月発売に向けて、うずうずする時期になりました。

見たところで気になるのは、エバーグリーンやドッド柄のものですが、主に仕事用に使うので、ツートン・ドッドになりそうな感じです。いつものブラックから「少し冒険」するかな。

来年は、カズンにしてみようかな~☆なぜかというと、ほぼ日手帳は、仕事にしか使わない、そして、細かくいろんな情報を載せておくとあとあと重宝しているので。プリントアウトしたものをはさみで端を切らないで貼れそうだし。

そろそろ手帳の使い方も、「これっ」というものを確立したい。

公式ガイドブックも発売!↓

姪浜花火大会

福岡は割と花火大会がたくさんあります。


今日は姪浜花火大会でした(正式には、精霊流し花火大会というらしい)。子供の頃から混雑したところが苦手なので、ちょっと趣向を変えて、花火大会を対岸から見てみました。

対岸からみる花火はとても小さくて、手のひらに納まるかのようでした。

でも、まだまだ、夏はこれからです。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ

からあげキングに行ってみた

くじぽんさんのエントリを見て、福岡のからあげキングにいってみました。

Sh3e0105

なるほど、からあげキングとはこういうものだったのですね。お弁当だけでなく、からあげメニューもいくつかあり。私は軟骨からあげとチヂミを頂きました(居酒屋メニューかw)。

Sh3e0106

Sh3e0108

福岡市総合図書館の近くだったのですが、家からはあまり近くないので残念。帰り道に、何かのにおいにそっくりだと思ったら、カールのにおい・・・w

からあげキング 姪浜駅南店
福岡県福岡市西区姪浜駅南2丁目19-22-1F



大きな地図で見る

お試しあれ。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ

ここはやっぱり福岡

Sh3e0103

夏スクから帰ると、ちょっと車に乗ると、立川に着くようなそんな感覚に陥るけど、ここはやっぱり福岡。水辺の都なのね。

今日は図書館で刑訴の本を借りました。


にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ

労働法@夏期スクーリング

今日はオフで一日中、寝てました。で、こんな曲続くこんな曲を作りながら、ぼーっとしてたわけです。

住居侵入罪って、苦肉の策・・・で適用させているんじゃないか、と、バラエティー番組を見てそう思いました。

さて、労働法。

近藤先生は、はじめての夏スクで卒論の講座を労働法で受けたがために、アツイ講義受けたいなーと念願かないました。

といっても、刑法各論をこの夏のメインとしていましたので、労働法の下準備はほぼなし状態で参加。受講者は100名をきったとかなんとかで、結構すかすかで、先生も嘆いていらっしゃったんですが、たぶん、第一期午後のマッチングのせいかと思われます。

で、マシンガン近藤との異名もうなずけるほどの講義。息継ぎしないでだいじょうぶなんでしょうか。講義内容は、目から鱗でした。私は労働法に対してはあんまりいい印象がなく、ただ、法学の勉強の際、労働法の起源については、すごく関心した覚えがあり(民法から社会法ができる経緯あたり)、たぶん、そういうのを講義でやっていくんだろうなあと思っていたんですが、そうではなかった。

もちろん、労働法の重要性があったがために誕生した法だと思うんですが、逆に「団交協約システム」の弊害が出てきてしまった。そこらへんのところを理想型のドイツなどと比較しながら、日本の独特な労働法体制といいしょうか、そういうところを近藤先生が問題提起していく・・・といった感じでした。

判例よりも学説よりも、実際はどうなっているのか、そもそも判例学説が正しいのかそうでないのか、近藤思考の波に乗るのに必死でした。

私は、労働法に対して、一部、「しかたないじゃん」みたいな考え方をしていたんですが、どうして労働法が必要なのか考えると、「しかたない」ではすまされない。

近藤先生は、「現実」から切り込んでいくので、それこそ社会学のようでした。

なお、近藤先生の講義は教科書を読みこんでおくと、とてもよいかと思われます。

参考文献であげられていた西谷先生の本ですが、労働法では西谷先生の本が読みやすいと感じていたんですが、講義ではあまり使わず。

西谷 敏
有斐閣
発売日:2006-12

こちらに至ってはまったく必要なかった(てゆうか、否定・・・?)。

百選もがんがん参照するということもなく。団体法は労働組合の制度など、おっきな問題を取り扱うので、どう考えたらいいんだろうと悩んだですが、最終的には答案は近藤先生の考え方でいこうと、なんだか教科書の引き写しみたいな文章ではずかしいんですが、それを書いて終わったという感じです。

事前に出してたレポート課題が水曜日に返ってきまして、指導欄には、「近藤先生は、労働協約の解雇協議同意条項については制度的効力と解していますよー、チェックしてねー」と書いてありました。確かに近藤先生が制度的効力説ということは知ってて、私は規範的効力とレポートを構成しておりました。しかしインストラクターの先生からは、近藤先生の夏スクを受けることを考慮した指導を受け、「よし、いっちょ、すべて近藤説でいってみようか」と思ったのでした。

しかし、労働協約は試験には出ないと思って、あと、もし出ても覚えられないと思って諦めた。結局、労働協約はでたんですけどね。

自分の考えをいったんリセットして、ひとりの学者の考えを取り込んで、まず柱を立てるという方法を、今回労働法で学びました。今まで、(いろんな)基本書を読んでは、いちいち自分の(つたない)感想を考えて、そこの項目を解読していく方式をとっていたんですが、そうなると、意見が一貫しないんです。

だから、刑法各論では、「自分の使用している教科書で答案構成していい」と言われ、労働法では、「(近藤先生の)教科書を読んでね」と言われた意味がようやく分かりました。

一冊、柱となる本を使って、まずその本を読み解いて、そこから、自分はどうかを考えると、一貫した自分の意見ができあがるというわけですね。論理的思考は、まず一冊の本からというわけですな。だから、教科書ってのは、じつは誰のでも良くて、まず最初は体系的に一冊読みとおすということがいかに大事か、今の今頃ようやく分かったのでした。

試験受けているとき、ふと気づくと近藤先生が私の試験用紙をのぞき込んでいたのはびっくりしました。起承転結のない文章を書いてしまいましたが、どうか寛大な評価をお願いしますっ(゚ー゚)

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ

刑法2各論@夏期スクーリング

夏スクについて覚え書き。まずは刑法各論から。

1期、午前中は、安井先生の刑2を受けました。今回は、刑法各論を勉強するぞ~とひそかに考えていました。

じつは、中央通教に入学したての学習ガイダンスで、曲田先生が福岡に来られ、レポートの作成方法などを教えていただいたんですが、そのとき、いきなりプレ授業がはじまり、「やばいなあ、刑法難しいなあ」と正直、そのとき、入学したことを後悔しました。そのとき、曲田先生の授業を受けたいと思っていたんですが、今回は、安井先生となってしまいました。

なので、夏スク受ける前まで正直残念だったのですが、今では、安井先生の授業を受けてとてもよかったーと思っています。大学の先生にしては板書が多いし、字がきれいだし、びっくりしました。ただ、板書の多さなら曲田先生が・・・と言われましたので、そういった意味でも安井先生でよかったと感じます。

事前にくじぽんさんから安井先生は西田刑法を使うと教えてもらっていたんで、先生が紙袋から緑の本を出したときはガッツポーズしました。だって、まわりのみんな斉藤先生の本もっていたんで、わたしはかなりびびっていました。

といっても西田先生の本を読み込んではおらず(斉藤先生は尚更w持っていないし)、安井先生も西田説をがんがんすすめるといった感じではなく、判例通説中心といった初学者には分かりやすい授業だったように思います。前田説の説明も、どうしてこうなるのかソフトな関西弁トーンでやんわり否定。レジュメも通学で使っているものを使用して授業をすすめるといっておられたので、学説ばりばりの授業を想像していたので、へえーそうなんだーと感心してしまいました。

いろんな意味でバランスのよい授業でした。安井先生は通学過程では各論だけでなく、総論、訴訟法も教えていらっしゃるらしいので、ぜひ通教でもお願いしますといった感じです。

福岡に帰ってきたものの、刑法各論熱はおさまらず、「てっしょうくん的には、この罪はこんな論理構成でいくよな~(ほんとに安井先生ごめんなさい。年齢が近いから尚更。。。多分、このブログは読んでないでしょうw)」とか夏スクの授業を思い出してはそれを楽しんでいる状態です。

で、私の愛すべき刑法の基本書が決まりました。

じゃじゃーん。

だって、手持ちの基本書でいいって言われたもん。川端先生の考えかたで偽装心中を書いてみました。きちんと書けていないから良い評価はもらえないかもしれませんが、自分がこうじゃないかと思うことが書けました。満足しています。これを続けて、どうすれば納得してもらえるのか、どういう言い方だといいのか探究していかなければなりません。

ただ、各論受けました~という感じでなく、その後、胎児性障害、不同意堕胎、脳死、そして死刑問題について見つめ直すきっかけになりましたよ、安井先生。学会活動がんばってください。

答えがないから(あるかもしれない)、自分はどう考えるのかが問題ですね。

ちなみに、安井先生の授業、1回も居眠りすることはありませんでした。民法総論の山口先生スク以来ですwそれと、授業で、「レポートの書き方」「1行問題の解き方」「事例問題の解き方」を教わりました。非常に有益でした。これはいつかみなさまにフィードバックしたいと思っています。

次は、労働法のことを書きます。


にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ

ヒストリーチャンネル

寝付けない。

ヒストリーチャンネルで東京裁判のことをやっているせいか、眠れない。

昨日まで八王子にいたせいだろう。

言いたいことがたくさんあるが、こころにしまっておこう。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ

夏スクまとめ その2

自宅に帰ってきました。明日から仕事だなんてどうしたものかヽ(´▽`)/

Sh3e0086
(立川にて)

労働法については、また、ゆっくり書きたいと思います。

おやすみなさい。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ

そろそろ東京さらば

そろそろ東京さらば

H&Mにて洋服買うなう。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ

夏スクまとめ その1

夏スク第1期終了です。みなさまお疲れ様です。まだまだ続く方も、これからの方もお疲れ様です。

今回、暑いかな~と思ったのですが、感じとしては、昨年の方が暑かったです。たぶん、お盆の時期が暑いっていうことでしょう。

さて、刑法各論ですが、早くから試験範囲を明確に宣言されていたんで、その通りに用意していたものが出たという感じです。

わたしは偽装心中で書きました。ただ、自分の意見がちょっと・・・なことを書いたので、試験が終わった後、安井先生から「書けましたか?」と声をかけられて自信をなくしてしまいました。

レポートをぜひ通過させて単位を獲得したいです。後レポがんばります。

汐留のホテルから


にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ

夏スク最終日に向けて

刑法各論で答案構成を5本書こうと思っていましたが、どうも3本しか書けません。勉強する暇はたくさんあったわけだから、これは言い訳です。

労働法もなんか知識のつめこみ以前の、漢字が書けるかどうかという昨年の夏スクでの恐怖が再来しそうであります。(公序良俗が書けなかったのだ)

今日は結構いろんな人と話ができた。いろんなことを教えてもらった。人見知りするから結構一人でやってたわけだけど、おもしろい情報を少し集めることができました。コメントをくださったmanudanuさんにも挨拶できた。どうもです。労働法がんばりましょうね。

今回、労働法を履修したことを後悔している。とにかく、うまく答案が書けるか心配。刑法各論もレポート一通も通っていないし。

地元に戻ったら、心を入れ替えてがんばろうと思います。何度もそう思って、来年も夏スク参加するんだろうなあ。

さて、荷造りしますか。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ

夏スク2・3日目

2日目は、講義が終わった後、図書館へ。安井先生が教えてくれた胎児性傷害の参考文献を求めて、初めて中央大学図書館で本を借りた。

本の見つけ方、借り方が分からず、うろうろしていたんですが、簡単にいうと、パソコンで検索して、閲覧申込書をプリントアウトしてカウンターに出して、10分くらい待っておけば持ってきてくれるという簡単なものでした。1時間くらいうろうろしてもったいないことしてしまった。

分からないときは人に尋ねた方がいいですね、早く。うん。

エキュートのカスタードマニアのシュークリーム。1日目のスイーツ分。

100802_2049010001

ワッフルワッフルのワッフル。2日目のスイーツ分。

100803_2038010001

3日目、折り返し地点です。

労働法のレポートがMyはくもんでチェックすると合格していたので臨時事務室へ。インストラクターの先生のコメントを読んで、「ああ、労働法の勉強もしなきゃだった」と思い直す。

近藤先生の講義は自分を見つめ直すきっかけとなった。そういう思いを答案に反映させたいが、知識のつめこみで終わりそうだ。

とにかく、息を切らさないように、段々とピークを土曜日に持って行かなければ。。。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ

今年もアレアレアのラーメンスクエアへ

昨日は、アレアレアのラーメンスクエア「いちや」に行ってきました。

Sh3e0080

あっさりでおいしかったです。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ

夏スク1日目

1日目終了。あんまり飛ばしすぎると発狂するので(経験済み)、ほどほどにがんばりました(゚ー゚)

今日は若干涼しかったような気がしますので良かったかと思います。

刑法各論の安井先生は、字がきれい。労働法の近藤先生は、マイクいらない。

1日目の感想でした。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ

夏スク参加費用(参加前日まで)

荷物郵送(ゆうパック) 2000円
福岡空港までの運賃(福岡でSuicaが使えるのだ) 700円
空港でサンドイッチ 400円
京急でSuicaチャージ 5000円
東京タワー大展望台券料 820円
スカイツリー 0円
紀ノ國屋でジャワティーと甘いもの 500円
担々麺 1200円
無印良品 バスグッズ 1000円
入浴剤 ホテルでサービスされた(らっきー☆)

さて、なんにも勉強してないけど、大丈夫だろうか、あっはっはー。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ

旧タワーと新タワー

夏スクのために東京へ到着。昨日は東京見物に行きました。

まずは、東京タワー。のぼれなくなるかもしれないから。

Sh3e0074

そして、東京スカイツリー。駅に降りたら、うちわをもらう。隅田川の花火大会があるらしい。午後1時なのに、浴衣のおねえさんたちがたくさん。

Sh3e0077

スカイツリー、でかいよ。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ