« 杉下右京が参照している刑法と刑訴の本 | トップページ | Google Chromeの使い方~ブックマークを同期しよう~ »

ミンソに立ち向かう

中央通教に限らず、何かしら勉強している方で、その勉強している内容がそのまま日々の生活もしくは業務に役立ったよーということはたくさんあるのではないかと思います。

私も、民法の○○とか勉強した内容が後々役に立ちました。日々の業務はあまり法律に関係していないので、そういうときに、通教で勉強しててよかったなあーと思います。

しかし・・・

これから勉強しようかなー(しかし、まだ勉強してない)と思っているものが、仕事でいま、必要とされていることだったりすることもあると思います。

私、今がその時です。

早くやっておくべきだったなーと後悔をする暇もなく、実務をやらないといけない・・・。今まさに、学問からと実務からのアプローチを同時に行っている最中です。さて、混ざり合う日は来るのか。

学問の話になりますが、私は、レポートに取り組む際、まずは、いきなり学者本から入らず、薄くて分かりやすそうな本を、ざーっと目を通すことから始まります。目を通すことも嫌なときは!?もくじをざーっと見ます。で、ごく当たり前のことをイメージします。民訴であれば、「民事の訴訟の法律か?」とか。ホントにごく当たり前のことを。それから参考文献をあたります。ここからは深海に溺れます。

県立図書館の新刊本コーナーにありました、「民事訴訟法Visual Materials」ですが、とても読みやすいです。内容の説明はゼミ形式(会話文でおもしろい)です。民訴導入には最適ではないでしょうか。

民事訴訟法Visual Materials
民事訴訟法Visual Materials

実務の話はというと、ホームページで一通り調べた後は、関係役所にとりあえず相談の電話ですね。これが一番早くて間違いないと思います。

で、民訴の本のもくじを読むと・・・あれー違うな。実務となると、いろんな法律が絡みますからね-。


にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ


にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ

« 杉下右京が参照している刑法と刑訴の本 | トップページ | Google Chromeの使い方~ブックマークを同期しよう~ »

□民事訴訟法」カテゴリの記事

コメント

ちゃんとやれよぉ~

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1111571/37179091

この記事へのトラックバック一覧です: ミンソに立ち向かう:

« 杉下右京が参照している刑法と刑訴の本 | トップページ | Google Chromeの使い方~ブックマークを同期しよう~ »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ