« スペースシャワーTVで宇多田ライブ再見 | トップページ | 来年度のスク予定 »

コミュニケーション能力アップ - やっぱり「ほうれんそう」

ほうれんそうというと、おひたしにするとおいしいですねという話ではなくて、今回はよく新人研修などで習う、「ほうれんそう」、いわゆる「報告・連絡・相談」の話です。

職場でちょっとしたトラブルがあり、そのトラブルの収拾を依頼されました。私としては、特に面倒なことではなかったので、割と簡単に安請け合いしてしまいました。トラブル自体はたいしたことではなかったのですが、私の職責の範囲ではなく、そのトラブルを解決していく間に、ちょっとまずいこと(さすがにここには書けないような^_^;)が発覚してしまいました。(ちょっと奥歯に物が挟まったような表現ばかりで申し訳ありません)

発覚した問題には、二つの背景があることが分かりました。
・同僚が内規を遵守していなかった。
・それが原因で、トラブルを起こした他部署の出入り業者がコンプライアンスに反することをしていた。

現時点では大ごとにはなっていないのですが、今後ちょっと私には手に負えそうにありません。というのも、他部署の出入り業者のコンプライアンス違反を報告するには、その原因である同僚の内規違反もあわせて報告しなければならないからです。ちょっと気の重い仕事です。

私は、少なくとも上司に「そのトラブルの収拾は私の職責の範囲を逸脱すること」を報告し、「他部署の仕事を引き受けるかどうか」を相談しておくべきでした。小さなトラブルでも、背後に大きな問題が潜んでいることがあります。「ほうれんそう」は、潜在的な問題を回避するためにも、有益です。

・・・

話は変わりますが、この時期になると、職場では、新年度に向けていろいろ準備したり、新入社員を受け入れたりする体制を整えたりと、そういう時期に突入します。でも、先輩社員が新入社員に対して仕事のノウハウを付きっ切りで教えるということはほぼないというのが、社会人歴8年目のまだまだひよっこの私の結論です。

いや、付きっ切りで教えようとする世話好き同僚が、職場に一人くらいは、いることはいます。が、その人が本当に仕事ができる人で正しいことを教える人なのか、注意して観察しなければなりません。なぜかというと、新入社員世話好き社員は、職場で孤立していて、暇な可能性が高いからです。

また、新人研修やら受けることがありますが、あれが実践的かというとそうでもありません。そういう研修会は、同期と仲良くなって、仕事できついことがあっても励ましあうように、連帯感を持つようにと職場がそういう場を用意してくれている程度に考えた方が賢明です。

新入社員を最初に預かる人事や総務といった部署は、自分の会社のことをほとんど知らないと言っても過言ではないからです。人事や総務の仕事と、営業や開発、企画といった現場の仕事は全く異なります。

じゃあ、どうすれば仕事ができるようになるのか。
逆説的ですが、自己啓発本などを読んで、自分で勉強するしかありません。

たとえば、こんな本とか。

絶妙な「報・連・相」の技術 (アスカビジネス)
絶妙な「報・連・相」の技術

こういう本でよく取り上げられるテーマが「ほうれんそう」(報告・連絡・相談)です。

社会人歴8年目でも、私のように「ほうれんそう」で失敗します。ある同僚はいちいち上司に「ほうれんそう」して、自分に否がないように仕事をすすめています。もう少し自発的に行動してもいいかと思うのですが、責任回避という点ではうまいです。

こういったことは、新入社員のうちは、割と当たり前に思うのですが、中堅以上の社員こそ、もう一度「ほうれんそう」について確認するといいかもと、しみじみ思う今日この頃です。



にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ


にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ

« スペースシャワーTVで宇多田ライブ再見 | トップページ | 来年度のスク予定 »

コミュニケーション能力」カテゴリの記事

コメント

ホウレンソウ・・・

個人的には、
「どんなことでも」ホウレンソウは、新人のときだけで、
「ポイントをおさえて」ホウレンソウが中堅以上
と思っています。
時間は有限です。仕事を任されているのですから、自分がが責任を取れる範囲で定期的に状況を報告することで、上司の時間を必要以上にとることがなくなります。
上司は、「職責を逸脱する」のは仕事として依頼している段階で認識しているはずなので、ちゃすけさんは、対応できる範囲を逸脱していることが判明した段階で報告し、相談をすればよいと思います。
報告は事実のみを正しく報告し、私見はその旨、断ってから伝えることで、上司が混乱しないですみます。#レポートと同じです。
私は、なんでもかんでも相談する部下は、物事の重要性の判断が出来ていないと感じるので、重要なことは任せられません。また、何も報告しない部下も同様です。

う~~ん。文字にすると、なんか偉そうですね。

rhinoandcowさんへ

コメントありがとうございます。今日、簡潔に報告しました。これからは、「職責」を考えて仕事しないといけないなーと反省しました。

>報告は事実のみを正しく報告し、私見はその旨、断ってから伝えることで、上司が混乱しないですみます。#レポートと同じです。

ホントそうですね。レポートと一緒ですね(゚ー゚)

>私は、なんでもかんでも相談する部下は、物事の重要性の判断が出来ていないと感じるので、重要なことは任せられません。また、何も報告しない部下も同様です。

なるほど。難しいですね~(;ω;)

大丈夫!
世の中には絶対できないことを請け負ってケツに火が付いても相談しない部下や、どんなにほうれんそうしても、「やっといて~」しかいわない上司ばっかりだから!
全部実話だから困るし。

お代わり三杯さんへ

ありがとうございます。
とっても元気が出ました。

>全部実話だから困るし。
(p´□`q)゜o。。

しかし、お代わり三杯さん。あなたは私がごはんお代わり三杯したときに現れるのはなぜですか(;´Д⊂

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1111571/39022699

この記事へのトラックバック一覧です: コミュニケーション能力アップ - やっぱり「ほうれんそう」:

« スペースシャワーTVで宇多田ライブ再見 | トップページ | 来年度のスク予定 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ