« 花いっぱい | トップページ | ようやく卒論の話でも »

児童相談所に通告

福岡で、小6と中2男子がスーパーの義援金募金箱を盗むという事件がありました。

福岡県警早良署は、この小学6年の11歳の男子児童2人と中学2年の男子生徒(13)を窃盗容疑補導し、福岡市の児童相談所に通告したということです。

小学生が義援金を盗んでジュースを買ったとのことですが、胸が痛みます。

ところで、この報道を知って、「ん?」と思った方もいらっしゃるのでは?

児童福祉法には、二十五条に「要保護児童の保護措置等」という条文がありまして、

第五節 要保護児童の保護措置等

第二十五条  要保護児童を発見した者は、これを市町村、都道府県の設置する福祉事務所若しくは児童相談所又は児童委員を介して市町村、都道府県の設置する福祉事務所若しくは児童相談所に通告しなければならない。ただし、罪を犯した満十四歳以上の児童については、この限りでない。この場合においては、これを家庭裁判所に通告しなければならない。

この「要保護児童」というのは、一般的に想像される虐待などで保護を必要とする児童だけではなく、いわゆる非行少年も含まれることになっています。

この児童福祉法というのが、改訂に改訂を重ねた結果、スパゲッティ状になっており、一通り理解するのにもかなり時間がかかります。

今回のケースは、まだ家庭裁判所に送致されていないので、まだ二十五条の段階かと思われます。おって、二十六条、二十七条の措置がとられるものと思われます。

少年法においては、第六条二項の措置がとられ、結果的に児童福祉法の二十五条の措置となったということでしょう。

(通告)
第六条  家庭裁判所の審判に付すべき少年を発見した者は、これを家庭裁判所に通告しなければならない。
2  警察官又は保護者は、第三条第一項第三号に掲げる少年について、直接これを家庭裁判所に送致し、又は通告するよりも、先づ児童福祉法
(昭和二十二年法律第百六十四号)による措置にゆだねるのが適当であると認めるときは、その少年を直接児童相談所に通告することができる。

私の単純な意見なんですが、これらの子供に大人が言葉でどんなに言ってもきかないと思うから、「被災地に行って見ておいで」という処置をするというのはどうでしょうか?



にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ


にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ

« 花いっぱい | トップページ | ようやく卒論の話でも »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

ちゃすけさんのおっしゃってる矯正案ですが、児童相談所に通告があって、送致されていない段階なので、送致された後、児福第二十七条二項に定義されている指導に、「被災地に行ってきなさい」というプログラムが確立されたら、実現可能ですね。
ただ、矯正に関わるコストがかなり大きくなりそうですが。

おはようございます。

ちゃすけさんは刑事政策を履修されましたか?
悪いことをした人間をどう扱うべきかって、刑事政策をやると、なんかすごーっく考えさせられてしまいます。
(レポートも単位も通ってないですがww)

>大人が言葉でどんなに言ってもきかないと・・・
ほんとに、大人がちゃんと教育してきたかどうかってのもあります。
最近は子どもに注意できない親が多いようですから。
ただ、子どもは理解すると、ころっと変わることが有りますよ。
それでもだめなら、ちゃすけさんの言われるような、処遇も有りだと思います。

焼き肉王子さんへ

児童相談所に通告があっただけでは、その後、送致されるかどうか分からないのですね。ともすると、いわゆる指導がなくて終わりとなってしまう可能性が・・・。その子どものためにも、私の考える矯正案をぜひしてもらいたい。

確かにお金はかかるけど、それが教育ってものじゃないか。教育にはお金がかかるし(゚ー゚)

デイリーさんへ

刑事政策は履修していないです。「あなたのレポートは社会学のレポートです」と何度も言われ続けているので、刑事政策をとると・・・ヽ(´▽`)/

興味ある科目ではありますが。

私の考える矯正案はさておき、いわゆる児童相談所に通告することと窃盗罪との間に開きがありすぎるのではないか、と考えまして、それはどうしようもないことだと分かってはいますが、それに苛立って、「じゃあ、現実を見てこい」という、昔の打ち首獄門を推奨してしまうようなことを書いてしまいました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1111571/39492466

この記事へのトラックバック一覧です: 児童相談所に通告:

« 花いっぱい | トップページ | ようやく卒論の話でも »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ