« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

夏スク後レポ結果

ようやく、民3債権総論の2通分の結果が、第1課題A、第2課題Aと出ました。2通とも再提出組で、細かい指導がありましたので、それを拾えば、合格はするだろうと思っていましたが、正直、結果がこんなに遅く出るとは思わなかったので、ちょっと、毎日、マイハクモンが落ちてしまってもおかしくないくらいアクセスしていました。まだ、後1通出してはいたんですが、ひとまず、ホッとしました。

会社法は、第1課題B、第2~4課題Cと出ました。

会社法も、民3も、試験があまり良くなかったのですが、ひとまず、後レポが通りましたので、ここまでくれば、贅沢は言いませんね。。。

夏が終わりました。


にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ


にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ


外国法概論第1課題

外国法概論のレポートをやっとります。今までと頭を使うところが、ちょっと違う感じです。気分転換になりますw

外国法概論は、法学のレポート課題と似た感覚があります。実は、法学のレポート、1通ほど、Eで放置している課題があります。近代市民法。ほら、雲行きがだんだんあやしくなってまいりましたw

さて、今年の秋、民事執行保全法と商法を短スクで受けようかなあと計画していたのですが、夏スクの会社法で、スクを受ける怖さみたいなものを痛感し、少しは科目試験で頑張ってみようかとようやく思い立ち、計画を見直しました。本当は、刑訴スクを受けた時に感じてないといけなかったんだけどw

今後は、ちょっと趣向を変えて、いや、趣向もなにもないんだけど、外国法概論と行政法、そして演習の勉強をしていきたいと考えております。


にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ


にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ


民法3(債権総論)@夏期スクーリング

遠藤先生の債権総論でした。8号館の教室がいっぱいいっぱいになるほどのたくさんの受講生でびっくり!さすが、人気の先生の授業。そういう授業は久しぶり・・・というか初めてでした。

遠藤先生のマシンガントークは、近藤先生とは違いますが、休みなし!授業は、先生の書かれた教科書ですすんでいきます。板書したものはスピーディーにノートに写していかないと、もう、消されているということがしばしば。

試験は、事例問題と10問穴埋め問題が出ました。最初の日にアナウンスがありました。この意味は、毎日、授業を聞いてね!ということでしょうか。ノートを見返したら、10問穴埋めはなんとかなります、穴埋めは授業で強調したところ・・・からの出題でしたので。問題は事例問題。教科書の章末問題からの出題。外してしまいました。早とちりグセがでてしまいました。嗚呼。

レポートが1通も合格していない中の参加だったので、レポート作成しながらのスクーリング参加でした。1週間、緊張感が保てましたw


にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ


にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ

会社法@夏期スクーリング

今回、会社法のレポートにつきましては、全出ししました。ぷよぷよの全消しではありません。4通出しました。現在、レポート1通しか合格しておりませんので、保険のために・・・。

会社法は宮本先生です。株主価値最大化原則の立場ですので、ステークホルダー論者の永井先生とは逆なので注意です。

私は、会社法のレポートの全てを「よくわかる会社法」で作成していたのですが、他の本もちょっとは読まないといけないかな~と思って読んだのが落合氏の「会社法要説」です。

会社法要説
会社法要説

ただ、この方は永井先生とは逆のことを言っている、この本を読むといけないと思い、スクーリングには連れて行きませんでした。

宮本先生の会社法は、この落合氏の「会社法要説」が活躍することとなります。そもそも、このことに気づいたのが木曜日、急いで生協で購入しました。

そういえば、4年間夏スクに参加しましたが、生協の本屋に行くのも初めてで、行ったことがある人は分かると思いますが、夏スクの参考文献コーナーというありがたい売り場が存在するのも知りませんでした。参考文献はやはり、全てチェックし、持参するのが一番ですね。

会社法については、ずーっと突き詰めて考えると、政治観が浮き彫りになるような気がします。いや、法律と政治がからまないわけはなく、当たり前なんですが。

なので、感想はここまで。そういえば、試験は、会社法要説はあまり必要なかったです。必要あったかどうか確認する間もなく、試験時間がなくなってしまいました。アハハ。

宮本先生と爆笑問題カーボーイの話をしたかったなあ、なんて、そんなこと微塵も感じさせないクールな授業でした。



にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ


にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ

ロフトにてほぼ日手帳をチェック

スクの疲れもほぼ抜けたかな~と思ったら、少し風邪気味になってしまいました。でも、今年のほぼ日手帳のカバー具合を確かめるべく、ロフトに行ってきました。

来年は、当初から、普通のほぼ日手帳を取りやめ、ほぼ日手帳WEEKSを使ってみようかなと思っていました。職場で使うも、幅をきかせているし、パンパンにふくれあがっている手帳の持ち運びも・・・辛くなってきたので。

でも、WEEKS、ほぼ日ストアを見てみると、カラーがはっきりしているものしかない。どんな感じなのか現物を見てから買おうと思っていたのです。で、いざ、売り場に行ってみると、ない、WEEKSが。

店員さんに聞いてみると、「10月1日からの販売です」とのこと。あああ。

ちなみに、カズンも置いてありませんでした、。販売を見合わせているとのこと。

しかたないので、普通のほぼ日手帳をチェックしてみました。今年のカバーラインナップは、コレっというものがなかったので、やはり、WEEKSを買おうと心に決めました。

他の人がどんなものを買っているかチェックしてみましたが、男性がカバーオンカバーのみ手に取っていました。あと、女性が、手帳本体のみ購入してました。みんな、カバー使い回すのねw

結局、毎年、購入している週間手帳と、この週間手帳にはる、12ヶ月インデックスを購入してきました。

Fxcam_1315047585780

ほぼ日手帳ではなくて、他の手帳もたくさんあって、とてもよい手帳を見つけたのですが、10月はじまりだったので、10月から手帳をはじめてもなあ~と思って断念。

ほぼ日を4年使っていると、「今年もほぼ日でいいか」と、そういうふうになっております。


にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ


にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ