« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

シュークリーム休憩

この判例、この構成だといらないなあと削除したら、たいへんなことになった、そんな火曜日。

ウォークドントラン

せまる卒論、押し返す私。

せまる私、逃げる卒論。。。

一筋の光が

砂の山が完成し、その中に1本のトンネルを掘っていましたが、やっと一筋の光が見えてきました。砂の山を作っては崩し作っては崩し、もういい加減どうかなあ~もう1年かなあと思っていました。

卒論、無理なんじゃない?と周りから言われてきましたが、先週、先生に会って、何もできてない進捗状況を話したら、「う~ん、そのテーマだったら、1週間で書けるね☆」と言われて1週間、なんだか、レポートのでかいバージョンができました。

明日からは、ニコニコ定時で帰って、どんどこ推敲していきたいと思います!

九国ベルリン展と学習会

Imag0285

先週末は、九州国立博物館に行き、ベルリン展を見に行きました。夏に、西洋美術館でやっていたものが福岡に来たものです。ターバンの方(都美)ではない真珠の首飾り(実際、こちらもイヤリングがキラリと光っているのが印象的)のフェルメールが目玉です。

たぶん、人が多いだろうと思い、夜間特別鑑賞券で見に行ってきました。ゆっくり見れたので、堪能できました。

私としては、ボッティチェッリのダンテ「神曲」の挿絵が印象に残りました。教科書的な絵がいくつもあり、分かりやすかったのですが、そういう絵も実際に見ると「へえ、こんなふうなんだ」という発見がありました。

次の日は福岡の学習会に参加しました。先生に会って卒論がもうダメだからどうすればいいか質問しようと参加しました。ひょんなことから先生も九国でフェルメールを見に行ったことを知り、フェルメール話に花が咲きました。私は数年前、上野で1回フェルメール見たくらいですが、先生はそれはそれはフェルメール追っかけ状態です。福岡に来てわざわざ見に行かれたのもうなずけます。

先生から卒論の進捗状況を聞かれ、いや~もうダメなので、あと1年と思っていますと言ったところ、う~ん、一応出してみたらと言われたので、かなり恥ずかしい文章で申し訳ないけれど、がんばって書いてみようかと考えています。

学習会に出ると、先生に会えたり、支部の方のパワーをもらうことができるので、本当にモチベーションが上がりました。

私は感覚的に、フェルメールの絵は、実際見ると、結構ぼんやりした感じで、印影が~と言われるほどそうでもないなと印象を受けるのですが、強烈に色の光を感じるたとえば、イヤリングだったり髪飾り(リボン?)だったりカーテンに目を奪われます。それらの光が目を引き、全体としてバランスが取られるのでしょう。

私は、もちろんフェルメールのようにとはいきませんが、せめて一点だけでも光る何かを書き残せたらと思っています。

夏スクの結果

民訴の1科目のみの受講であり、時間的余裕があったにもかかわらず、Cという結果になってしまいました。

もう、本当に情けない結果で、「民訴、好きかも~」と言っていた自分を懲らしめてやりたい気分です。ただ、民訴の重要用語の使い方が根本から間違っている、判例もきちんと理解していない答案を合格させてくれた先生には感謝しなければなりません。勉強不足だったことに猛省しています。

こんなグタグタな状態で、いよいよ卒論だけとなりましたが、まだ、現段階で4000字程度しか出来上がっておらず、ああもう、ちょっと無理かなと思い始めています。こういうことを書きたいという思いが募るだけで、それが法律論文に落とせない状態です。

とにかく、私は、「訴訟」がつく科目は苦手なんだということだけ分かりました。。。

九大図書館へ

先週の金曜日、九大の図書館に行ってきました。数年前のスクで隣り合った方が九大図書館に行った話しをしていたので、私も行ってみようかなと思って行ってみました。

学生だけではなく、市民にも開放しているようで、事前の手続きを終えて行ってきました。

夜の図書館なんだけど、学生がたくさんいて、1階ではグループで談話できるスペースがあったり賑わっていました。

お目当ての本がありましたので、それを借りてきました。でも、他は、県立や市立で見たことがある本ばかり。やはり閉架か。

ああ、大学の図書館だなあ~としみじみ、中央大学の図書館を思い出しました。そして、比べてしまいました。お金の入り方が違うんだな~と思いました。

タイムリミット

タイトルをバービーボーイズに戻しました。

さて、今日はインフルエンザの注射、車のオイル交換、そして来年の手帳をポチッとしました。来年は、ほぼ日手帳オリジナルの日曜はじまりのみ購入して、カバーは一昨年買ったツートンドッドをかけようかと思っています。

今年は、カズンとweeksを使っていますが、weeksがなぜか使いにくいのと、1日のことばが1週間に1回しかないので寂しい。カズンはまっしろ状態ということで、やはり私はオリジナルを使うのが一番いいのではと考えています。

さて、昨日は、お昼休みに郵便局へ行きました。

「この手紙、今日の消印にしてもらえますよね」と言ったところ、「今日消印有効の手紙なんですか?」と目の前で消印を押した後に、「ほら、今日の消印ですよ~」と見せてもらえました。

さんざん悩んだあげく、論題を少し、狭い範囲で設定しました。大風呂敷は広げられないので。

風の歌を聴け

村上春樹じゃなくて、オリジナル・ラブのほうです。

日曜日に、田島貴男のライブに行ったのですが、それ以来ずっと車の中で聴いています。毎日嫌だけど、結構元気になります。

今日は、すこし寝坊をしました。使わない頭を使ったからです。論題ひとつで、あーだこーだ悩んでいたら、これから先、少なくとも12000字なんて、とても書けないですよね(>_<)

オリジナル・ラブのLet's Goという曲が好きです。

「真昼を走り抜け 闇夜にのどが渇いてる~」というフレーズが好きです。


にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ


にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ

さぁ どうしよう

さぁ どうしよう。今度は、バービーボーイズのことではなく、卒論のことです。

卒論の論題のことです。ちなみに、今週までに論題を提出しなければならないようです。ですので、仕事中でも悩んで、たまたま論題で使っている熟語を発見すると、無駄に意識して仕事が進みません。

2回出した卒レポの指導のひとつに、「論題がダメ」というものがあったので、「卒論ハンドブック」を読み返して、何とかその意味をつかんで、修正してきたのですが、みなさん、どうやって決めているのか気になるところです。


にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ


にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ