« もォやだ! | トップページ | 風の歌を聴け »

さぁ どうしよう

さぁ どうしよう。今度は、バービーボーイズのことではなく、卒論のことです。

卒論の論題のことです。ちなみに、今週までに論題を提出しなければならないようです。ですので、仕事中でも悩んで、たまたま論題で使っている熟語を発見すると、無駄に意識して仕事が進みません。

2回出した卒レポの指導のひとつに、「論題がダメ」というものがあったので、「卒論ハンドブック」を読み返して、何とかその意味をつかんで、修正してきたのですが、みなさん、どうやって決めているのか気になるところです。


にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ


にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ

« もォやだ! | トップページ | 風の歌を聴け »

◇卒論」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。らみーです。
バービーボーイズに反応したのですが、卒論の話でした…。
卒論のテーマについてですが、私はまだまだ、卒論の時期ではないのですが、一度、卒論ガイダンスに参加しました。おぼろげながら、卒論テーマはこれにしようかな、というのがあり、ガイダンスで教授にテーマがふさわしいかどうか質問しようかと思いましたが、ガイダンス後の教授は、一人の受講生に独占されてしまい、教授と質問どころか話さえできませんでした。その後、通教の事務局に、テーマ等の質問をする機会がないかどうかメールで問い合わせましたが、事前に相談できるのは、ガイダンスくらいしかないとのこと。支部の学習会などで、質問できるチャンスがあればラッキーですけどね。卒レポで、ダメだしされても、それをフォローしてくれる機会(メールで質問とか・・・)がなければ、苦しむだけですよね。
 と、私の勝手な話はどうでもいいですが、卒論テーマ提出がんばってください。

らみーさんへ

まず、バービーボーイズに反応していただいてありがとうございます。イマサは、本当に素晴らしいです。iTunesのバービーボーイズの曲名を眺めていたら、「今の私の心の中を表しているわ!」と思ったので、なんとなくタイトルにしました。続きますので楽しみにして下さい。ただ、想像できますよね、今後のタイトルがw

卒論のテーマについてですが、ガイダンス時に教授に質問できなくて残念でしたね。「独占」問題は私も経験ありますので、らみーさんの気持ち分かりますよ。

通教ではないのですが、英語の講座で、最初の授業の帰りに、質問して先生と仲良くなろうと思っていたんですが、「独占」されて、なんかもうどうでも良くなって、なあなあで講座が終わってしまいました。

われわれ通教生にはオフィスアワーがないので、ガイダンスやら学習会時の終わりの何十分間が重要になってきますよね。ただ、そこでも「独占」問題はつきまといます。

あと、質問するその教授が「誰か」によっても、その後のらみーさんの卒論を左右するかもしれないので、私は、演習に参加して質問することをオススメします。

昨年、演習に参加したのですが、教授はテーマに対する質問をどんどんしてくれと言われたので、興味あるテーマを箇条書きにして、3、4行のメールを送ったところ、10倍くらいに返ってきました。ひと言でいうと「そのテーマは全部ダメ」ということでしたが(>_<)

自分の興味あるテーマや事象、問題を、法学的問題に落とし込む作業に時間がたくさんかかりました。少なくとも私は、1年半前には卒論執筆作業に入らないといけなかったと反省しています。なので、今年度卒業は正直あきらめています。

あと、卒論ですが、、、長くなりそうなので、この辺で終わりにします。

偉そうなことを言ってすみません。ただ、とにかく、(スクで「あ、この先生いいなあ~」と思った先生の)演習をオススメします。

こんばんは。
卒論・・・
卒業が決まった今でも、
卒論のテーマを含め、直したいところが結構あります。

ただ、自身が主張したい部分は先生方に届いたのかな?と思っております。
また、面接でもその部分は説明ができたと自負しております。

しかし、昨年度の卒業を目指していたので、
昨年の卒論レポート提出日の一か月前に、
卒論のテーマが決まり、一気に書き上げました。

決まるまでは苦しかったのですが、
書き始めてしまえば何とかなるもんです。

今回は、昨年提出した卒論を少し修正をしたもので、
勝負しました。
ただし、自己の体験を生かせる内容だったので、
もともと卒論のネタとなるものがあったのも事実です。そのおかげで、面接で教授の質問に対しても、
問題なく対応できたと分析しています。

自分は所詮素人なので、完璧な論文などかけるわけがないので開き直ってぶつかっていったことがよかったのかもしれません。

にゃんだーまんさんへ

卒論のテーマを「自己の体験を生かせる内容」にすると、先生も知らないような、あっと驚くような論文ができ、先生方もそういう論文を読みたがっているといった話しはよく聞きます。

私も入学当初は、自分の職業に関係することをテーマにしようと思っていたのですが、後々問題になるのはまずいのと、そのテーマを選ぶと法の不備に発狂しそうなので精神衛生上良くないので、真逆の全く知らない世界のことをテーマに選びました。

これから先、困難な問題にぶち当たったとき、あの卒論を書いたじゃないかーと自分自身に自信をつけたいと思っています。

にゃんだーまんさんが、1ヶ月で卒論を書かれたのは、その卒論テーマが素晴らしかったのでしょう。それが分かるから読んでみたいと申し上げた次第ですw

私の場合は、自分の考えをまとめたり、それを伝えたりするのにどうしても時間がかかってしまうので、たぶん、今のテーマで自分の考えをまとめるのに1年半くらいはかかるんじゃないかと思ったのです。

まあ、偉そうなことを書きやがって、変な人もいるもんだと笑って下さい。何年通教生やってるんだとwただ単に実力が伴ってないだけなんですが(ToT)

ただ、ラスボスは自分なんだと思っています。前、卒業した大学でやれなかったことのリベンジ戦なので、もう少し時間がかかりそうです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1111571/47289407

この記事へのトラックバック一覧です: さぁ どうしよう:

« もォやだ! | トップページ | 風の歌を聴け »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ