□保険法

保険法の参考資料

保険法は比較的新しい法律なので、それほど多く資料があるわけではないようです。保険法スクの講義でも、本の紹介はありませんでした。(ただ、最新版の六法は買ってねと言われました)

私が読んだ保険法の学習に参考になりそうな書籍の紹介をしてみます。


契約の成立から保険金の支払いまで 図解新保険法早わかりガイド

契約の成立から保険金の支払いまで 図解新保険法早わかりガイド

表紙の親しみ安すぎさとは逆に、網羅的で、コンパクトかつわかりやすい説明がなされています。新保険法を学ぶには、この本が一冊あれば、必要十分でしょう。表紙や本文イラストが親しみやすいので、軽い内容とおもわれそうですが、教科書的な知識は詰まっています。

著者の大串さんは、こんなひとです。なんと、「法制審議会幹事 (保険法部会)」ということで、ちゃんとした内容のはずだなあと納得。


解説 保険法

解説 保険法

その大串さんが保険法を逐条解説している本です。こちらは、教科書というよりは、解説書なので事前に保険法の理解が多少必要になるかもしれません。


保険法

保険法

大御所の網羅的かつアカデミックな書籍。こちらは学部レベルというよりは、ロースクールレベルの内容となっています。読みこなすには事前に知識が必要でしょう。私は挫折。


保険法 (有斐閣アルマ)

保険法 (有斐閣アルマ)

上の本を読む前に、テキストとしてこちらを読んでおくとすんなり理解できるでしょう。有斐閣アルマなので手に入りやすさも魅力です。差額説、比例説のあたりをチェックするのに使用しました。


速報 Q&A新保険法の要点解説

速報 Q&A新保険法の要点解説

保険法の要点について、Q&A形式で解説している本です。若干、散漫な印象をうけますが、読みやすいといえば読みやすいです。


保険法入門 (日経文庫)

保険法入門 (日経文庫)

こちらは、判型やサイズに制限があるようで、若干、物足りない感じもします。新書なので、導入としてはよいかもしれません。


保険法は、他の法学部の科目とは、少々異なるのは、保険商品という経済的実体を扱う科目であるため、保険についての知識があると、法律的なイメージがつかみやすいと思います。その点で、かなり実務に近い科目であると言えるでしょう。

私のおすすめは、大串さんの「図解新保険法早わかりガイド」を読んで基礎知識を固めてから、有斐閣アルマにいく感じでしょうか。とにかく無理しないのが私のモットーw

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ

保険法 2日目

今日も、あっというまに終わった(゚ー゚)

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ

「図解新保険法早わかりガイド」1周目読了

同じ表現が何度も出てくるので、2周目はさくさくいけるかな。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ

保険法を勉強中

まず、この本から読み込み。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ

保険法をちょこっと始める

保険法については、福岡の短スクを受ける予定にしております。初短スク&地元スクとなります。かなりうれしい(お金の面で)。しかし、少しは主要立法の勉強をしないとなーとうすうす感じてはおります。

手始めに、こんな本を図書館から借りてきました。ちょこっと読んでみた。うーん・・・商法の方を先に勉強した方がいいのか?まあ、民法やる前に、知財を受講したくらいなので、あまり気にしない(んでいいんだろうか)w

一問一答 保険法 (一問一答シリーズ)

では、ドクター・ハウスを見ながら、今日は寝ます。おやすみ。


にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ