◇短期スクーリング

民法4(債権各論)短スク@沖縄 最終日

最終日もアリと格闘しておりました。かゆいかゆい。

高田先生の授業は、やはりピンポイントで進んでいきます。当初の予定より早く進んだらしく、不法行為まで最後いきました。先生が説明しがいがある箇所(=重要箇所、または間違いやすい箇所)をピンポイント攻撃していきますので、高田先生の民4を受ける方は、やはり、民1、民2、民3をあらかじめ受けておいた断然良いです。

授業は結構トントン拍子で進んでいきますが、「今、債権各論のどこを学んでいるか」ということに関しては、しつこいくらい振り返って確認を取るので、見失うこともなかったです。反対といってはなんですが、遠藤先生は今どこを学んでいるか考える暇がないくらい猛スピードで進んでいくので、まあ、好みの問題なんですが、私は高田先生が合っていました。

今回、大前提の説明は省かれましたので、債権総論の知識で分からないところは自分で調べて覚え直したりすることが多かったです。1年前の債権総論の知識がぶっとんでいました。

さて、試験の方は、3問の中から1問選択、教科書可であるというアナウンスのみで、事例問題なのか、1行問題なのか分からなかったのですが、先生の授業を聞いていれば、その範囲は自ずと導き出せました。

あと、先生が「今回のスクの目標は自分を含めてみんな3日間無事に乗り切ること」と最初に宣言されたことから、ベーシックな問題を出題するのでは、と予想できました。

もう通教5年生となると、どんな問題が出されるか予想することが唯一の楽しみとなってしまいました。あとは、自分の試験に対するセオリー「教科書可ということは、あんまり教科書は関係ない」をあてはめて、1つ答案構成をして試験に臨みました。

試験問題は、3問とも予想通りの問題が出たんですが、その中で唯一きちんと勉強した問題を解答しました。あまりにもヤマが当たりすぎたので、もう少しきちんとヤマだけを勉強すれば、なめらかな文章が書けたなあと思ったのですが、もともと小心者の私はヤマをはることができず、ざっくり全体を勉強して、ヤマについてはゆるやかにはるスタイルをとっておりますので、かっこよくない解答となってしまいましたが、まあ、これも、いつも通りです。

高田先生は、受けて良かったなあ~という先生でした。どの先生がタイプかといえば、安井先生なのですが、授業スタイルとしては高田先生好きです。声も好き。雑談は全くなかったのですが、それは限りある時間の中でできるだけ多く説明したいという先生の気持ちの表れだと感じました。民法の条文の歴史背景の説明は本当に興味深かったです。

ホント、夏スク第1期目の次くらいに辛いスクとなった沖縄スクでした。帰り道、沖縄空港行きモノレールに揺られていると、なんだか、中央大学・明星大学駅に着きそうな感覚に陥り、気分が悪くなったのですが(疲れでしょう)、無事、台風が来る前に自宅に着きました。

沖縄みやげは、私はお酒は一切飲めませんが、ミミガーとチラガーと海ぶどう、そして、沖縄限定スタバカードです。

Fxcam_1338813666187

辛かった3日はあっという間に終わっていきました。


にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ


にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ

民法4(債権各論)短スク@沖縄 2日目

今、各地でスクを受けていらっしゃる方は、集中時間でしょうか。

沖縄は雨でした。ホント、暑かったり、蒸し蒸ししたり、雨だったり、、、体がついてついていかないです。沖縄スクはよほど体力に自信がないと無理だと感じたときには、、、もう遅いですね。

私は、今日は近くのお店で辛い担々麺を食べました。辛かったですが、熊本スクで食べた担々麺ほど辛くはありませんでした。スク恒例の担々麺も食べ、あとは、明日の試験に備えるだけです。

といっていたら、そろそろ、明日の帰る準備もしないといけません。日本代表戦もあるので明日は楽しみですが、台風が来ているし、月曜日は普通に仕事というつらい現実が待っていますが、泣いても笑っても最後の短スク(であってほしい)。

乗り切っていこうと思います。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ


民法4(債権各論)短スク@沖縄 1日目

めんそ~れ。こちら、沖縄は沖縄県議選が始まりました!

昨日はソーキそば、今日は、田芋のコロッケ、玄米ごはん、ゴーヤチャンプルを食べました。

スク恒例の、今日のスイーツは、、、

Fxcam_1338542000770

ちんすこうとドーナツ棒。どちらも、大好物です。お土産ではなく、すぐに食べます。

スクについてですが、高田先生の声は聞き取りやすく、レジュメ&教科書中心、重要箇所をテンポ良くといった感じ、時間通りに進んでいきました。私は、債権各論のレポートをほとんど教科書で書いたのですが、教科書の疑問点(わかりにくいところ)あって、どういう意味だろうと思っていたら、「ここはこういう意味です」と解説されたので、良かったです。

ただ、あんまり予習をしていなかったため、ついていけなかったりしました(-_-;)

むおーんとする気温に慣れないうえに、会場のクーラーが効いたり効いていたかったり、アリが結構いて痒かったり、いろいろありますが、なんとか乗り切りたいです。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ

国際法@短期スクーリング in 熊本

短スク国際法の感想を少し書きたいと思います。

短スクの期間中、熊本は大雨で新幹線が止まったりしてましたが、熊本市内はそれほどでもなかったです。デパートの横に隣接する会場だったので、食事などには困りませんでした。なんと教室はガラス張りというか、丸見え状態w参加人数が30名程度だったので、机に余裕があって、ゆったりと座れてかなり良かったです。

武山先生の授業は先生のレジュメと補助レジュメ、教科書ですすんでいきます。レジュメは、先生が国家一種試験用に作成されたテキストのコピーですので、内容は、いくら国Ⅰ用と言っても、学説対立バリバリというわけではなく、通説にのっとったとても分かりやすいものでした。

国際法は、それが形成されるまでの過程が重要で、たとえば、世界史とか日本史とかをきちんと理解することの重要さを身にしみて感じました。

あとは、国連憲章を原文であたったりするのですが、日本語訳だと、微妙なズレがあったりするので、英文にあたることの重要性を認識しました。英語の勉強がんばろう!と思いました。

いやーまさか、国際法の授業で、仮定法過去をちゃんと理解しないとどうなるのか、a と theの違いが分からないとどうなるのか、英文法の重要性が分かりました。

試験については、1日目の最後に、復習課題1つと、予習課題1つ、2日目の最後に3つの復習課題(1日目の課題と重なる事項もあった)、3日目午前中の最後に1問、以上5問の中から、2問選択問題(だったっけ?)とするところでしたが、1問選択がいいという生徒側の提案からw、結局3問の中から、1問選択して答える1行問題がでました。

なぜか事例問題が出るんじゃないかと思って、事例問題で答案構成していたため、1行問題特有の基本的事項のまとめ部分がまったく書けず、いきなり自分が用意していたものに誘導して書いたんですけど、どうでしょうか。。。

1行問題って、私はあんまり好きではないです。事例問題の方が、好きw

あと、2問解答だったら、論文の内容がそこまで問われないのでラクだったんですけど・・・wあ、でも基本的事項を覚えていない時点でドボンかw

参考文献はありません。教科書の真ん中あたりに出てくる、オススメ参考文献の中からいくつか持ってはいきましたが、全然使いませんでした。教科書とレジュメで論文構成しました。復習するときは先生がどんなふうに話をもっていったか、それを思い出しながらやりました。

久しぶりに通教の勉強をしたので、疲れるかなーと思っていたんですが、国際法って社会学的で、社会学的テーマは大好きなので、疲れることもなく3日間あっというまに終わってしまいました。

以上、報告します。

・・・武山先生から英語を教わりたい。日本語訳がいかに、ぼやーっと作ってあるか理解した3日間でした。特に国連憲章ヤバイ。もしかして、意識的に、ぼやーっと作ったのなら、こりゃヤバイよ奥さん。いや、そこが面白いんだろうね。

法律を勉強していると、できるだけ、どちらか一方に偏らず、中立的立場から物事を判断しようってつくづく思うのですが、国際法だと、日本の立場とかアメリカの立場とかそういうレベルじゃなくて、地球人的立場から物事を判断しようかとなります。そうなると、幻の国連軍ってユートピアじゃん♪国際法が戦争をなくすんじゃないかーいと、良いことなのか悪いことなのか分からない妄想にふけるわけです。


にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ


にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ

国際法短スク最終日

終わりましたhappy02
今高速バスにて福岡に移動中ですhappy02
試験のことは聞かないでsad

空港行きに乗る人多かったみたい。気をつけて帰ってください!

で、やっと家まで帰ってきました。


にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ


にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ

国際法短スク2日目

あっというまに2日目。

担々麺を食べました。辛かったです。辛いものを食べると疲れが吹っ飛ぶのです。ええ、年をとりました。

お約束の甘いもの。ケーニスクローネにてティラミスを買いました。熊本だからクマではないですよ。たまたまです。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ

国際法短スク1日目

世界史が全くダメで、得意な日本史の知識で!と思ったら、どこかいってしまった。。。

国家とは・・・とか考えたことなかったし、サンフランシスコ平和条約とか生まれて初めて条文を読みました(は、はずかしいっ)アハハ。

へえ、そういうことだったのかーと感心することばかりです。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ

刑事訴訟法短スクの結果

出ました、短スク刑訴の結果が。Dでしたー。アハハ。

もう笑うしかないというか。どうしようもないな~(。>0<。)

笑えない事実は、短スク行っても、刑訴、未だによく分かってないことです。


にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ


にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ

刑事訴訟法短スク@多摩 最終日

2日目ですが、生協でうろちょろしていたら、柴原先生がいらっしゃいました。その日は土曜日だったんですが、就活生やらなんやらで、かなり人がいました。私が前いた大学は図書館ですら土曜日は誰もいなかったですよ。炎の塔にはゼミ生が朝早くから勉強してました。昼ごはんを食べていたら、尋常じゃない噂話をしていて、私の耳はダンボになりました。

さて、3日目の話ですが、2日目の終わりに予習問題なるものが柳川先生から出されました。4つの問題の中で渥美説をふんだんに盛り込んで書けるものは、2番目しかないと決めつけw、展望が見えてきたからなのか、なんか気分が良くなってルミネで買い物して、オリジン弁当に加えワッフルワッフルやらマックのアイダホバーガーやら食べ物をたくさん買ってホテルに帰り、答案を構成しました。だけど、3時間かけても、一向にゴールにたどり着かないし、しょぼい文章をちんたらちんたら書いておりました。

Sh3e0099←マックは結局食べきれず。

その日は早く寝て明日に備えようと思っていたので、11時にはそろそろ答案の一個くらい完成してもいいものですが、ぬかるみにはまってしまい、迷路から抜け出せない状況になりました。

そこで、とにかく藁にもすがる思いで、レッスン刑事訴訟法を手に取ったのですが、その瞬間、本がばらばらと分解されはじめて(古い本なので、のりがパリパリになっていた)、そこからは焦りまくりです。大体、そういうときに渥美原書に立ち返るのはかなり危険であります。

ここにきて、刑訴のことを何にも理解できていないことに気づき、いったん仕切り直そうと思って寝ましたが、寝付けない。朝6時に起きて、答案構成していたら、サッカー好きな同僚から「サッカー勝ったね☆見てた?」とメールをもらったものの、「いや、見てません。あなたのメールで勝ったことを知りましたw」などと同僚を困惑させるような返事しかできず、他の友達からは、「勝利の女神は努力した者のところだけに来る」というメールがきて、自然と涙が出ました。悔し涙です。無勉強でスクに出るものではない、そう思いました。

まつげが長い柳川先生。説明は少し難しかったと思うのは私の理解力のないせいです。渥美説では捜査と公判とでは考え方が違ってきますが、それが刑訴がパンデクテン化しているせいだという説明に、ようやく渥美説の理解の仕方が分かってきました。

オーラのある椎橋先生。先生の雑談、まったく分からなかったwごめんなさい、笑えなくてw「和光大学内ゲバ事件」は、私の中では井上陽水の「傘がない」がテーマ曲となりました☆もちろん、「傘がない」という曲は聴いたことがありません。さて、椎橋先生の説明はマイルドで、渥美説の良さがじわりときいてきます。他説を無下に批判せず、「この部分は理解できますが、私はこう考えます」と、ご自分の考えを説明されていました。まさにそれは椎橋説☆

結果的に、私はこの刑訴スクを受けて、(渥美説における)刑訴のことが分からなくなってしまいました。試験結果が怖すぎる。

今回の短スク@多摩で学んだことは、①日程は絶対にゆとりを持った方がいい、②短スクはホーム(自分の県)、または近くで受けるのがやっぱり一番良い、③予習は十分にする(当たり前ですがw)です。

あ、炎の塔にあるメディアルームのことも書きます。部屋はとても狭いです。教室内では飲み物が飲めません。30名がぎゅうぎゅうに詰めて座らないといけないので、隣の人に気を遣いながらの授業でした。椎橋先生も柳川先生も60分に一回、5分休憩をくれるのですが、飲み物が飲みたくても、席を立ちにくいので、席で座ったまますぐに休みが終わってしまうこともしばしば、なんかあんまり休めませんでした。

でも、良い点は、判例など、ペーパーにしたものを机に設置してあるモニターで見ることができて、字面をおうことができます。黒板の字も見えない時はそのモニターを見ればいいので便利です。

あと、教室近くに自動販売機(ジュース類はもちろん、カップラーメンとかパンの自販機もある)があるので、小腹が空いても大丈夫です。そういうところは便利でした。

椎橋先生&柳川先生の授業を聞いて、スカッと刑訴のことが分かりました、と書きたかったですが、甘くないね渥美説w

オススメの参考図書は、こちら。くじぽんさんのブログに書かれていたので、スク前に購入し読みました。渥美刑訴がやさしく解説されています。(一部、柳川先生、安井先生が執筆担当)

よくわかる刑事訴訟法 (やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)
よくわかる刑事訴訟法

これを読むと、渥美説は、やっぱり逮捕がキモだとか、「実体要件」を理解することの重要性が分かります。

で、具体的にレポートを書く際には、

・判例を理解しよう。
・任意処分と強制処分の違いを理解しよう。
・他の学説を取り入れると、まったく訳が分からなくなる(土台が違うから、同じ土俵で語ることはできない・・・と思う。まぜるな危険☆)。

ということが重要のような気がします。したがって、シケタイや参考書の類は使わない方がよいです。

そういえば、今日の朝、ローカルテレビのニュース番組を見ていたら、強制起訴のことで、渥美先生のコメントが出されていました。ああ、刑訴スクは私にとって始まりなんだなと思いました。

とにかく、録画しておいたアジアカップを見ようとすると爆睡してしまう、ちゃすけでした。ここまでよんでくれてありがとう。


にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ


にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ

さよなら東京

さよなら東京
今、羽田空港に向かっています。

立川と中央大学しか立ち寄りませんでした。時間がないので当たり前ですが。大変だったけど悲しいけど、さよなら〜

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ