◇卒論

卒論・総面の結果

Myはくもんを見てみたら、Aで卒論が合格していました。やったーhappy02

佐藤先生、ありがとうーーーcrying

Xデー

階段を下に降りているつもりなのに、上のフロアーに来てしまう。大学構内はダンジョンである。間違ったつもりはないのに、いつも間違える。

控え室に入り、見知った人がいたけれど、挨拶程度ですぐに手持ちの資料を見て過ごした。余裕が全くなかった。面接官が誰であるかは、講評の手書きの字ですぐ分かった。見慣れた字である。その字から分かることは、忙しい合間を縫って読んでいただいたということだ。

自分の名前が呼ばれ、いざ面接会場に向かう。

私が席に着くとすぐに、先生は講評で書いてあった事項を聞いてきた。私は、卒論の概要とか、どうしてこのテーマなのかなどを聞かれると思ったので少し焦った。

口が渇く。うまく、言葉が出てこない。先生の質問に対して答えを用意していない。焦る。。。

でも、中盤、たどたどしくも先生と言葉のキャッチボールができたように思う。夢中でしゃべった。最終的には、何気ない質問のやりとりの中で、卒論の概要とどうしてこのテーマを選んだかということを伝えていた。

先生は、いくつか質問を用意しているみたいで、ペーパーに目をやりながら、それらをくまなく質問していた感じだった。なんだか法解釈とは到底思えない受け答えでも、すべての質問に対し先生は肯定も否定もしなかった(その点、演習や学習会では、ダメ出しが容赦ない・・・)。

試験なんだなと思った。

・・・

「はい、いいです」という先生の一言で口頭試問は終わりました。放心状態で白門の前で休みました。白門の周りには雪が残っていて、記念に写真をとろうと思ったけれど、保存できていませんでした。ふらふらになりながら、多摩のドトールでミラノサンドをほおばっていたときに、ようやく自分の意識を取り戻したというか、自分が東京にいることを自覚しました。あとは買物をして帰りました。

その後、学習会で先生に会ったときは、口頭試問の時のことがよみがえってきました。ちょっと前にお会いしたはずなのに過去の出来事のようで、不思議な感覚でした。やっと緊張がとけたのは言うまでもありません(^-^)

終わりました!

中央大学は所々雪が残っていました。でも、そんなに寒くなかったです。

山手線を待っていたとき、いま、特別に走っている昔の山手線の電車(車体が全部みどり)に乗れたのです。証拠の写真を撮る余裕もなく乗り込みました。みんな写真を撮っているケド。。。

今回、京王線に乗って高幡不動経由で多摩へ行きました。帰りは多摩センターから帰りました。

帰りにルミネエストというところに行ってきました。トゥールズという画材屋さんです。

20130211_060440

クロッキー帳とマステとはがきを買いました。

あとは、ずっと行きたかった品川駅エキュートにあるPAPERWALLという本屋さん。思ったより狭いけど、ツボを押さえた選書で結構ぐるぐる見回りました。「東京カフェ散歩」という本を買いました。

疲れを物欲で晴らそうとしたら、結構買物してしまいました。恐るべし物欲の街、トウキョウ!

いろんな思い出、また、ゆっくり書きたいと思います。

卒論の結果

私のところにも卒論の結果について、合格との連絡がありました。

口頭試問は2日後です!通知文は実質郵送できなかったそうです。

いろいろツッコミどころ満載ですが、不安感から緊張に変わりました。あともう少しだ!

夢を見る

卒論の、多分、面接諮問教官になるだろうと思われる教授が、いきなり壇上に立ち、赤いスーツで歌を歌い始めるという夢を見た。かなり歌はうまかった。

自分の深層心理は全くわからない。こんな感じで2月をむかえる準備をしています(>_<)

卒論提出

卒論提出・・・そんなタイトルを書ける日がようやく来ました。ちょっと夢のようです。

ちゃすけの卒論のテーマは『タクラマカン砂漠における持続可能な発展の店舗展開に関する研究――回帰分析を用いて――』です。

続きを読む "卒論提出" »

シュークリーム休憩

この判例、この構成だといらないなあと削除したら、たいへんなことになった、そんな火曜日。

ウォークドントラン

せまる卒論、押し返す私。

せまる私、逃げる卒論。。。

一筋の光が

砂の山が完成し、その中に1本のトンネルを掘っていましたが、やっと一筋の光が見えてきました。砂の山を作っては崩し作っては崩し、もういい加減どうかなあ~もう1年かなあと思っていました。

卒論、無理なんじゃない?と周りから言われてきましたが、先週、先生に会って、何もできてない進捗状況を話したら、「う~ん、そのテーマだったら、1週間で書けるね☆」と言われて1週間、なんだか、レポートのでかいバージョンができました。

明日からは、ニコニコ定時で帰って、どんどこ推敲していきたいと思います!

九大図書館へ

先週の金曜日、九大の図書館に行ってきました。数年前のスクで隣り合った方が九大図書館に行った話しをしていたので、私も行ってみようかなと思って行ってみました。

学生だけではなく、市民にも開放しているようで、事前の手続きを終えて行ってきました。

夜の図書館なんだけど、学生がたくさんいて、1階ではグループで談話できるスペースがあったり賑わっていました。

お目当ての本がありましたので、それを借りてきました。でも、他は、県立や市立で見たことがある本ばかり。やはり閉架か。

ああ、大学の図書館だなあ~としみじみ、中央大学の図書館を思い出しました。そして、比べてしまいました。お金の入り方が違うんだな~と思いました。

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ